ヒゲが邪魔で困る、脱毛したい!

ヒゲを生やしていた時期が私にもありまして、その時はヒゲが生えるっていいなって思っていましたが、職場でヒゲを生やしていてはいけなくなったり、彼女が出来て、ヒゲを生やしているのが嫌だから剃ってほしいと言われたり、ヒゲが生やせなくなることってあると思います。

そんな時、毎日ヒゲを剃る作業って邪魔だなって思いますね。ヒゲというのは毎日きっちり生えてきますし、剃ることが多数派なので、きっちりと剃り上げなければならない。

それは確かに面倒です。無精ヒゲというあるのですか言葉があるのですから、面倒な作業をしない、努力をしていないという言葉が無精という言葉に詰まっているわけで、その結果、ヒゲが一日剃り忘れただけで小汚く見えてしまう。

そんな嫌さは感じますね。だから逆にヒゲの似合う職場、ヒゲの似合う顔というのは男の憧れでもあります。

それに関しては、若造である20代の私より、圧倒的に人生の先輩方の方が似合うという特性があるので、うらやましく思います。

ヒゲが邪魔な理由はとにかく社会人としての邪魔なんです。マナーであるとか、常識というものの中にヒゲNGという感覚があるから邪魔。

ヒゲを剃る自分ってオシャレだなという意識でヒゲを剃っている人は少数派だと思います。剃り残しがあってはいけないという強迫観念からヒゲは邪魔なのです。

なので、あの人のヒゲの剃り残しなんて見たことないもんななんて思ってもらえる自分をカッコイイとしてヒゲ剃りというものを行っていけば、ヒゲが邪魔という感覚はなくなると思います。

永久脱毛(ヒゲ脱毛町田)などもしていなく、それでも剃り残しを見たことがない、そういった維持の張り方は男は大好きなので、邪魔なヒゲを邪魔だと思わない自分を誕生させたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です